橋梁塗装の品質管理で

重要なことは、

ご存知のとおり

塗膜厚測定です。

 

お役所の検査官は

塗膜厚が基準通りに

確保されているのか

厳しくチェックします。

 

今回は、

塗膜厚側定3つの注意点

をご紹介します。

 

1.測定カ所を一定にする。

2. 乾燥状態で測定する。

3. 塗膜厚測定器を点検する。

 

それぞれについて解説します。

 

1.測定カ所は一定にする。

測定する場所は必ず同じ所で測定してください。

㎜単位で数値が変化するので注意してください。

 

2.乾燥状態で測定する。

指蝕乾燥(触って乾燥を確かめる)ですと塗膜の内部

が、未乾燥の場合があります。

塗ってからの時間と温度、湿度を測定して乾燥の判断を

して下さい。

 

3.塗膜厚測定器を点検する。

塗膜厚測定器の0設定を行ってから測定してください。

μ(ミクロン)という単位で測定するので測定機器の

設定が重要です。

塗膜厚測定器に附属している鉄板で行います。

 

以上、

塗膜厚側定3つの注意点

をご紹介しました。

 

橋梁塗装職人が的確に塗装しても

品質管理が出来ていないと

よい品質だと認められません。

 

品質管理は橋梁塗装職人と

相談しておこないことを

オススメいたします。

 

 

橋梁塗装の無料相談・無料見積は

👇のお問合せからお願いします。

TEL 027-329-6371

✉ info@paintia.biz