橋梁塗装工事の品質管理で

最も重要な項目は

『塗膜厚』の確保です。

 

橋梁塗装職人が塗膜厚を的確に確保する3つの方法

を紹介します。

1.ウェットゲージで測定する。

2. 希釈率を守る。

3. 感覚。

 

解説です。

1.ウェットゲージで測定する。

ウェットゲージとは、

まだ乾燥していない塗膜の厚さを

測定できるものです。

塗装しながら塗膜が確保されているのか

定期的に測定しながら塗装します。

 

2. 希釈率を守る。

希釈率とは、

塗料の粘土を調節するための

シンナー又は、水の率です。

塗料に応じて希釈率を適正に調節すること

が重要です。

塗料説明書に適正希釈率が書いてあるので

参考にしてください。

 

3. 感覚

一流の塗装職人は感覚的に

どのくらいの塗膜厚が確保されているのか

分かります。

ローラーに塗料をどのくらい含ませたか?

塗料のくばりかたは適正であったか?

最終的には、感覚は

非常に重要です。

 

以上、

橋梁塗装職人が塗膜厚を的確に確保する3つの方法

を紹介しました。

 

まとめると、

ウェットゲージで測定する。

希釈率を守る。

ことも重要ですが、

橋梁塗装は感覚が最重要です。

建築塗装と橋梁塗装は畑違いです。

橋梁塗装は

橋梁塗装のノウハウがある

会社に依頼して下さい。

 

ご質問がある人は

お問い合わせください。